冬虫夏草を選ぶのは難しい

日常的によく目にする食材でもないので、普通の人は冬虫夏草の品質の良し悪しなんか分かるはずがありません。

つまり、原材料を仕入れて販売する業者に任せるしかないのですね。

だから、実店舗でもネット販売でも信頼できるところを見つけるしかないので口コミや自分の実感を大切にしましょう。

どこでどのように採取された冬虫夏草を使っているか、しっかりと説明してくれることが絶対的な条件です。

冬虫夏草は現在のところ、チベットで採取された極上のものはほとんど手に入らないそうです。

チベットのコウモリ蛾に寄生するコルディセプス・シネンシスは絶滅が危惧されているとあって、厳しい規制が敷かれています。

そんな中でも、中国で折り紙付きの製品を日本に輸入して販売している業者もあるので、出会えると幸運ですね。

何十年も漢方薬局を営んでいる老舗などなら、品質の確かなものを販売しているかもしれません。

そういう場合でも、輸入品なのか日本国内での培養なのか、といった基本的なデーターを開示してもらいましょう。

大変稀少で高価な冬虫夏草なので、重量を重くする為に何かを注入した粗悪な品物もあると聞きます。

もし金属などの成分が混入していたら、アレルギー反応を引き起こしたり中毒のような症状の原因になることも有り得ます。

冬虫夏草は本来あまり副作用が取り沙汰されるものではないので、摂取して具合が悪くなった場合は混入物を疑った方が良いかもしれません。

製品を選ぶ場合は、長く製造販売している実績ある業者であれば安全性が高いと言えます。

また、本場の中国から輸入した質の高いものは1㎏が100万円近くもの値段になるそうです。

コウモリ蛾の幼虫にキノコが生えている姿のままで売られているものは、100グラムが30万円とかしますよね。

余りにも高価なので、日本で培養された別の種類の冬虫夏草がポピュラーです。

天然物ではないのですが、人の手で栽培されて加工されたものでも含まれる成分などが充実している製品もあります。

そうしたものの方が価格もお手頃で安全性も高いかもしれないです。